どうすればうまくいく?社員研修のポイント

2019年9月29日

社員研修とはどのようなものか

社員研修とは、配属された部署や企業において必要となる知識や技術を習得するために行われる社員向けの研修のことを言います。技術や知識の研修のこともあれば、人事面や人間関係の構築のための研修など、その内容は多岐にわたっています。

レベルと状況を把握する

社員研修を行う上で重要なポイントのひとつが、研修を受ける社員のレベルと会社・部署の状況を正確に把握することです。このレベルと状況を把握することなく、何となく研修を始めてしまっても、身になる研修とはなりません。状況やレベルに合わせて研修内容を考えるために、あらかじめヒアリングなどを行うことが重要です。

社員研修の目標と期日を伝える

社員研修は、研修を受ける人に対して、しっかりと目標と期日を伝えてから始めることが必要です。目標やいつまでにその目標を達成するべきなのかの期日を伝えていなければ、いたずらに時間が過ぎるだけで、結局身につかないこともあります。また、高すぎる目標はイメージがわかないので、実現可能な目標を具体的に示すことをおすすめします。

研修後のフォローアップも怠らない

研修後のフォローアップも重要なポイントです。研修の後に、研修で学んだ内容を実際の業務において活かすことができていないと、研修の意味を見出せなくなってしまいます。自信の喪失につながり、最悪離職してしまう可能性もあるでしょう。

代表的な社員研修とは

研修にも様々な種類があります。部署の先輩などから直接業務に就きながら教えてもらうOJTという方式もあれば、インターネットを活用して各々学ぶe-ラーニングなどといったものもあります。グループワークもあれば、一見研修とは思えないようなレクリエーションを研修として行っていることもあり、バリエーション豊かです。

社員研修には、外部講師を招いて行うものや、人事部の社員が中心となって行うものなどがあります。スキルを高めることを重視しているものの他、心に働きかけるものもあります。