ネットショッピングの利便性を支える日本の通販物流について

2019年9月1日

ネットショッピングはみんなが利用するお買い物方法へ

日本の消費者の大多数がインターネット通販サイトを使い始めています。人によっては文字通り毎日ネット通販サイトを確認し、お得な品物が無いか、細かくチェックしています。特に不便な地域に暮らしている方々にとって、ネット通販はライフラインとも言える存在になりました。家電製品やパソコン、PC周辺機器やゲームソフトやペット用品や楽器等、まさに世の中で市販されている製品であれば、ほぼ全ての商品がスマホやパソコンを通して取り寄せられます。

ネット通販の大流行を支える通販物流の企業努力

リアルのお店で買うよりもリーズナブル、ネットの方がポイントが貯まる、多忙で実際の量販店に行くのが難しい、プライベートなお買い物なのでこっそりと取り寄せたい等、ネットショッピングをする理由は様々です。なぜネット通販がこれ程まで普及して、世間的に大流行しているのでしょうか?結論としては通販物流サービスの発展と企業努力があったおかげです。IT機器とネットがいくら技術的に進歩しても、肝心の製品を届けるトラックやドライバーがいなければ、ネットショッピングのビジネスモデルは成立しません。

日本の物流システムはまさに世界に誇れる水準です。限られた人員を有効に活用し、最新鋭のAIやロジスティクスのシステムを実装し、いかに無駄なく商品を効率的に、ユーザーの自宅まで配送するか、日夜通販物流の専門会社は合理性を追求しています。依頼した品物が迅速に自宅まで届くのは、運送業者のスタッフの努力の賜物です。更に品物の種類によって運搬方法を変えたり、ユーザーの満足度に繋がるように丁寧な接客をしたり、精密機器や割れ物は厳重に梱包して配送する等、きめ細かい対応があるのも日本の通販物流サービスの真骨頂です。

通販物流の世界は今後、IT技術によってより一層の進歩を遂げます。ドローンによる空からの配達が実用化され、一般消費者は勿論、企業側にも便利な時代が訪れようとしています。